東芝電力放射線テクノサービス株式会社

トップページ > 商品紹介 > トピックス > 福島第一原子力発電所の放射線管理

福島第一原子力発電所の放射線管理

廃炉が進む福島第一原子力発電所(1F)では、特殊な作業環境の中、厚生労働省作成のガイドラインに沿った放射線管理が必要です(*)。

弊社は、東芝グループの放射線管理担当として、1Fでの様々な作業で放射線防護対策、被ばく低減対策に取り組んできました。これら様々な経験の中で培ってきたノウハウ・スキルを用い、放射線業務従事者が安全で安心できる作業現場/作業環境を実現するために、放射線管理に関わる多様なサービスを提供し、お客様の業務をサポートいたします。

1F 放射線管理のサービス内容

放射線管理コンサルティング
基本計画から設計、施工計画に至る各ステップにおいて、放射線防護等の放射線管理の観点から、お客様のエンジニアリング業務をサポートします。
現地における環境・作業員の放射線管理
放射線管理責任者、現場放射線管理員らによる体制構築、現場での放射線管理実務を提供します。
個人被ばくに関しては、登録申請から管理・記録に至るまで、すべての管理業務を提供します
個人被ばく管理シート参照)。
1F放射線管理のサポート 現場放射線管理

特別な管理の例

厚生労働省作成のガイドライン、東京電力ホールディングス(株)殿からの指導等に基づき、作業内容に応じて下記のようなモニタリングで線量を評価する必要があります。

水晶体線量のモニタリングおよびリングバッジによるモニタリング

個人線量の特別なモニタリング

  • 遮蔽ベスト着用時の不均等被ばくモニタリング
  • リングバッジ(長瀬ランダウア(株)製)
    による末端部の皮膚等価線量のモニタリング
  • 滞留水取り扱い作業等における水晶体等価線量の
    モニタリング
遮蔽ベストが覆っている範囲

遮蔽ベスト着用時の評価

  • 遮蔽ベストタイプごとに異なる線量評価式を採用

(*) 厚生労働省作成のガイドラインに従った放射線管理

厚生労働省作成のガイドラインの主な内容として以下の事項が記載されています。
特に線量管理上の留意点に関しては他の発電所にはない1F独自の運用となっています。

  • 東京電力ホールディングス(株)殿、元方事業者及び関係請負人によるリスクアセスメントの実施
  • 安全衛生教育の充実
  • 効果的な被ばく低減対策の検討と実施
  • 健康診断結果に基づく保健指導の実施
  • 線量管理上の留意点
  • APDと積算線量計の値を比較し評価する
  • 皮膚等価線量に組織加荷重係数(0.01)を乗じた値の実効線量への加算
  • 遮へいベスト着用時は遮蔽部位の全身に占める割合に基づき評価