東芝電力放射線テクノサービス株式会社

トップページ > 商品紹介 > 放射線管理 > 放射線管理システム

放射線管理システム

放射線業務従事者の電離則上の管理を行うために、東芝グループで運用しているシステムを用いています。このシステムは昭和53年から運用を開始し、 延べ約10万人の線量データを管理しています。

特長

1. 放射線従事者の放射線作業に関わるデータを一元管理
(従事者氏名、年齢、中央登録番号、手帳発行履歴、月線量、日線量、WBC、入域時間、健康診断、教育)
2. 電離則で定める法定記録を厚労省労働基局長通達(基発606号)に従った電子データで保存
3. 線量管理情報として登録者の線量チェック/統計/集約等の提供
4. 全社員ユーザ管理システムとの連携により、個人情報の提供機能及び各種項目の自動通知
5. 放管手帳への記帳 

システムの入出力項目と画面例

システムの入出力項目システム画面例