東芝電力放射線テクノサービス株式会社

トップページ > 商品紹介 > 放射線管理 > 原子力発電所関連施設の放射線管理

原子力発電所関連施設の放射線管理

放射線業務従事者が安全で最小限の被ばく作業となるように、作業現場の放射線環境/個人被ばく量を管理します。

作業現場管理

作業現場の放射線環境を最適にし、作業の被ばく低減、汚染拡大防止のために下記サイクルで管理業務を実施しています。

作業現場管理

放射線管理計画作成(PLAN)

  • 作業環境の放射線レベル検討
  • 作業環境の放射線レベル低減検討
  • 被ばく低減の見地からの作業員の作業方法、時間の検討

作業実施(DO)

  • 計画に基づいた作業実施
  • 放射線レベルの実測

放射線管理状況の把握(CHECK)

  • 環境レベルと個人被ばくデータのチェック

放射線管理計画の見直し(ACTION)

  • 計画と実績の把握
  • 必要に応じた改善・見直しの実施
  • 次回作業に向けた結果/評価

作業現場イメージ

個人被ばく管理

放射線業務従事者の健康を守るために下記管理業務を実施しています。

個人被ばく管理

個人線量の測定

  • 個人線量計(クイクセルバッジ)により、
    放射線業務従事者の外部被ばく線量を測定
  • ホールボディカウンタによる放射線業務従事者
    の内部被ばく線量測定結果の入手/管理

健康診断

  • 6ヶ月毎に電離放射線健康診断計画を通知

放射線防護教育

  • 放射線業務従事者に必要な放射線防護教育の実施

記録管理