東芝電力放射線テクノサービス株式会社

トップページ > 商品紹介 > 放射線測定機器・システム > 狭隘部測定用サーベイメータ

狭隘部測定用サーベイメータ

現場での機器サーベイ作業の効率化を図る目的で開発し、通常のサーベイメータでは測定できない狭隘部の表面汚染を測定します。

特長

  • 独自のシンチレーション集光技術で、特殊形状/小型検出器を実現
  • タービン翼の狭隘部を切断/解体せずに表面汚染の測定が可能
  • 配管を切断/半割せずに内面汚染の測定が可能

スキマサーベイメータ本体と検出部

スキマサーベイメータ本体と検出部イメージ

配管内面モニタ本体と検出部

配管内面モニタ本体と検出部イメージ

主要仕様

【スキマサーベイメータ】

・測定線種 β(γ)線
・検出器 プラスチックシンチレーション式検出器
・検出感度 0.8Bq/cm260Co)
・測定動作 計数率測定(レートメータ)
・測定レンジ Auto、0〜100、0〜1000、0〜10000cps(切替え)
・時定数 3、10、30秒(切替え)
・検出面有効寸法 40W×4D×100L mm(SS-110)、18W×18D×150L mm(SS-130)

【配管内面モニタ】

・測定線種 β(γ)線
・検出器 プラスチックシンチレーション式検出器
・検出感度 0.8Bq/cm260Co)
・測定時間 30秒
・検出面有効寸法 400W×Φ11o