東芝電力放射線テクノサービス株式会社

トップページ > 会社情報 > 社長あいさつ

社長あいさつ

東芝電力放射線テクノサービス(TRS)は、放射線管理にかかわる総合サービスを提供する会社として、(株)東芝、東芝プラントシステム(株)、(株)IHIの出資を受けて、1999年12月1日に誕生しました。

以来、当社は、これらの三社が原子力分野で培ってきた豊富な放射線管理の技術・ノウハウを統合した形で受け継ぎ、原子力関連施設のみならず、放射線管理を必要とされる幅広いお客様に対し、放射線管理サービス・放射線計測サービス・放射線計測機器を提供させていただいております。

また、放射線管理に対する社会の関心の高まりに応え、当社はこれらの業務を通じて、放射線利用に対する信頼感、安心感の向上に寄与すべく、放射線に対する正しい理解の促進にも努めております。

今後も社員一丸となり更なる技術の発展・革新に努め、放射線管理・計測にかかわるあらゆるご相談に対し、お客様にベスト・ソリューションを提供できる会社を目指していく所存でございますので、引き続きご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

取締役社長 佐野 賀一